かばい合う少年たちの友情。

なぜラッドはベロニカの杖を奪ったのか?


詰め寄られるラッドの前に
親友のヤヒムが飛び出てかばおうとする


しかしヤヒムの声が出ない


どうやら声が出なくなったヤヒムを心配したラッドが
魔法使いのベロニカの杖ならなんとかなるかもと
借りただけだという


杖だけあったってなにも出来はしないのに
それでも何かせずにはいられなかったのか


セーニャがヤヒムの容態を観察する
どうやらノドに強力な呪いがかかっているらしい


さえずりのみつというものがあれば
治るらしいが
それを作るには神聖な水が必要だという


神聖な水ならこの町の西の霊水の洞くつにあると
ラッドが教えてくれた


この町に来る前に入り口だけのぞいてきたあそこかな


出かける準備をする


銀行にお金を預けて準備万端


西の洞くつは魔物だらけらしい


行く前に頼まれていた手紙の依頼を果たす


元パティシエのディアナから
兄でサマディーの兵士のアポロへの手紙を渡す


ろくでもない父親から
兄弟で逃げたという生い立ちらしい


お礼に「新式武器のレシピ」をもらった


キャンプに寄って鍛冶をする


ゴールドトレイ
きんのネックレス
ローズウィップ
バトルフォーク
ビッグブレードⅡ


いろんな装備が作れるようになってきた


楽しいぞ鍛冶

ベロニカの子供力。

「波のように荒々しく 空のようにさわやかで
海のように深みを持つ!」


そんな海の男を決める海の男コンテスト


それが終わるまでドックは封鎖というから仕方ない
しばらく自由行動ということにする


ベロニカは新しい靴が欲しくて
セーニャは甘いものに目がないらしい


シルビアも合わせて
自称女三人組でどっかいってしまった


タルの中からまんげつそうを見つけたりしながら
しばらく町をぶらぶらする


ベロニカを発見
欲しい靴はサイズが合わないし
子ども用はデザインがいまいちらしい


今のベロニカになら
子ども用の靴が似合うと思うけど
とか言ったら叩かれそう


セーニャの気になるのはケーキ
白くてふわふわしたお菓子は初めてらしい


それからカミュと合流
虹色の枝を持っている商人は
よその大陸に行ったというし
早く追いかけるために
町長の家にいってドックを開けてもらえないか
交渉することに


しかしまったく取り合ってくれなかった
おたずね者という事がバレた?


するとそこにセーニャがやってきた
ベロニカがトラブル??


行ってみると
ベロニカの杖を宿屋の息子のラッドに取られていた


カミュが大人のチカラを発揮して
杖を取り上げた


いったいなぜそんなことをしたのかと
問いただすと
意外な答えが返ってきた

値引き交渉というか勝手に安くしてくれた。

子供の頃
歌の神童だったおじいさん


男の人は声変りするからなあ


船に乗って歌っていると
海の生き物まで聞きに来たらしい


ネコのきぐるみを売っている
別の露店があった


12000ゴールドから9800ゴールドに負けてくれるという


しかしまだ買えない


さっきの露店に戻る
どうやら兄弟で別のお店をやってるらしい


弟は9800だよといったら
兄は9000にしてくれるという


それからは行ったり来たり
8000
4000
2000


ついに兄が1000ゴールドまで値下げしたところで
弟はギブアップ


1000ゴールドでネコのきぐるみを買った


別の防具屋でネコのかぶりものも買い
ベロニカに装備させる


見た目が大きく変わる装備
ネコベロニカだ



かわうぃいー!


性能もまあまあだ


一通り町を巡り終えたので
目的の船のドックに行く


ドックは海の男コンテストが終わるまで
封鎖らしい


あらあら

よろず町人話その2。

深い深い所に魚たちの王国があるという
魚のおとぎ話


バンデルフォン王国が魔物に滅ぼされたのも
悪魔の子が黒幕だった?


もうなんでも悪魔の子のせいですか・・・


商談がかんばしくない男の人と妻と子供
男の人は困っているが
妻と子供はこの町を楽しんでいるみたい


うわさのわんぱく少年ラッドの父親がいた
やはり悩みは息子のことか


船乗りの仕事をする新人と先輩がいた
港町っぽい


ケーキ屋さんがあり
手紙を頼まれたディアナの元同僚ヘラさんがいた


ディアナはパティシエの腕は良かったらしい
いまはラハディオさんの館で使用人をしているそうだ


ディアナがいたあの通りは
ラハディオさんの館の近くだったのか


ここダーハルーネのケーキ屋さんのケーキは
世界中にお届けしているらしい


日持ちするのかな・・・


僧侶の女の人がいた
ケーキ好きらしい


遺跡の村プチャラオから掘り出し物を売る商人が来ていた
また新しい村の名前が出てきた


一方掘り出し物を売りつけられていたのは
イキイキとしたモチーフが欲しい芸術家さん


実は売れなくなったいっぱつ屋の画家らしい


画家の家の本棚に
本「鍛冶職人イッテツの記」の2章


海の向こうの渓谷地帯に
ちいさなメダルの学校があるらしい


ケーキ屋の露店があった
多角経営かな

よろず町人話。

海の男コンテスト
ミスター・ハンという旅の男も有力候補か


路地の陰に隠れていたお姉さんに
ぱふぱふしてもらった


この町のぱふぱふ制覇だ


若いうちは冒険せよ
というおじいさん


悪魔の子のせいで失業したという男


釣りの極意を極めたという釣れない男


なんかこの町変な人が多い気がする


ヤヒムの体調が優れないらしい
ラッドは手伝いもせずどこへ行ったのか?
ヤヒムを連れまわしているらしい?


祭りの際は大通りがぎっしり露店でひしめくらしい


ネコのきぐるみが10000ゴールドで売っていた
高くて買えない


おばあさんでも商売ができるのは
ラハディオさんのおかげらしい


流れの魔法使いの女の人がいた
気前のいい商人の護衛の仕事は稼げるらしい


昔は小さな港だった
大きくなったのはラハディオさんのおかげと語る人


本で読んだのと同じ話だ


バーでは
働いた後の一杯を飲む男がいた
最高だそうだ


虹色の枝を持った商人はもういないらしい
カミュが言っていた通りか


デルカダールからの船が来る予定だが来ないらしい
魔物に襲われた?
プロフィール

ちさち

Author:ちさち
TWガナポリーサーバーで活動しているイスピンのブログ跡地です。
ゲーム内ではカンストしてたぶんそこらへんでぼーっとしてます。

現在はマンガとアニメとゲームの話で更新中。
好きなものについて書いていくつもりです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード