将棋への向き合い方。

アニメ「3月のライオン」


主人公の桐山零くんの過去の話


お父さんとお母さんと妹が
事故でいっぺんに亡くなって
ひとりきりになってしまう


そして亡き父の友人のプロ棋士のおじさんに
引き取られることになり
彼も嫌とか嫌じゃないとかの前に
自動的にプロ棋士を目指す道しかなくなります


まあそれで本当にプロになれたんだから
たいしたものなのですが
本人の中ですっきりしない忸怩たる思いがあるのだろうなあと
感じさせる描かれ方でした


家族いっぺんはつらいですよね


もし自分が小学生の時にそんなことになったら
たぶん祖父母あたりに引き取られて
わがままも言えず
まじめに勉強して
ゲーマーにもならずアニオタにもならず・・・


あれなんかそっちの方がまっとうな人間のような

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ちさち

Author:ちさち
TWガナポリーサーバーで活動しているイスピンのブログ跡地です。
ゲーム内ではカンストしてたぶんそこらへんでぼーっとしてます。

現在はマンガとアニメとゲームの話で更新中。
好きなものについて書いていくつもりです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード