伝統は平成にも続く。

アニメ「昭和元禄落語心中」


最終回はまた時代が進んで現代


東京スカイツリーがしっかり映って
現代ですよーと教えてくれていました


あの男の子がすっかり大人になっていて
けれど少し印象は変わって
元気な子だったのが
内省的な青年という感じに


すでに落語家への道を歩き始めていて
しかし
偉大な家系に少し気遅れ気味といったところでしょうか


まだまだこの先成長の余地があるように描かれていました


与太郎の
落語がなくなるなんて思ったことないんです
こんなに楽しいものなのだから
という趣旨のセリフが良かったです


でもこのセリフの良さは
書き言葉ではいまひとつ伝わらなくて
声で伝え聞いてこそだなあって思いました


きっちり終わって
良い作品でした

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ちさち

Author:ちさち
TWガナポリーサーバーで活動しているイスピンのブログ跡地です。
ゲーム内ではカンストしてたぶんそこらへんでぼーっとしてます。

現在はマンガとアニメとゲームの話で更新中。
好きなものについて書いていくつもりです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード