言わなければ良かった。

思い出してみても
なぜこんなことになったのか
訳が分からない


王の間に入って
正面の高くなっているところの玉座に
ひげの王さまがいた


横には
同じ格好の兵士が
列をなして並んでいて
特別なヨロイを着た男がふたり


多分あのふたりがグレイグとホメロスなのではないかと
すぐにピンときた


体格の大きい方がグレイグだろうか
するとようこそって言った方はホメロスになる


「ユグノアの首飾りか」
例の首飾りを見て王さまがそうつぶやいた


手のあざを見せたら
王さまは本物の勇者だと認めてくれた


育った村のことを聞かれた
村長にくれぐれも王さまによろしく
と言われていたことを思い出し
イシの村のことを詳しく話した


不穏な空気が流れだしたのは
そこからだっただろうか


王さまの意図を組むように
白いヨロイのホメロスが自分の部下らしい兵士を連れて
部屋を出ていく


グレイグが厳しい顔で言う
「まさか ひとりで乗り込んでくるとはな……。
何を たくらんでいるかは知らんが
貴様の思い通りにはさせんぞ!
勇者め!」


え?
ええ・・・?
勇者め! って・・・


そうして王さまに決定的な言葉を言われた
「勇者こそが 邪悪なる魂を復活させる者!
勇者と魔王は表裏一体なのじゃ!」と


そんなはずない


と思うんだけど
え?
そうなの?


混乱して
反論する間もなく
ぼくは兵士に捕まって
地下の牢屋に入れられてしまった


イシの村を確かめるまで3日
ぼくの命もその3日だと宣言される


村はどうなってしまうのか


エマ・・・!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ちさち

Author:ちさち
TWガナポリーサーバーで活動しているイスピンのブログ跡地です。
ゲーム内ではカンストしてたぶんそこらへんでぼーっとしてます。

現在はマンガとアニメとゲームの話で更新中。
好きなものについて書いていくつもりです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード