ウマレースとサーカス。

オアシスと高い石造りの壁に囲まれた町
サマディー王国に到着した


入ってすぐにその賑わいに驚く
人がたくさんいる!


今の時期は
年に一度の特別なウマのレースが
開催されているらしい


ここはウマのレースで有名なサマディー王国
一般の人も参加できるんだよと教えてもらった


西側のレースハウスから行けるらしい


この国の王族は
16歳でレースに出るしきたりがあるそうで
今回
サマディー史上最も優れた王子とうわさの
ファーリスさまも参戦するらしい


名騎士オグイと名馬モグパックンが
現状ウマレースの最有力で
果たしてファーリスさまは勝てるかどうか?
という話題で盛り上がっていた


一方ウマレースもいいけれど
毎年この時期
北のバクラバ砂丘に現れる
砂漠の殺し屋という恐ろしい魔物を
危惧している人もいた


他人の家の本棚で
「サマディーサーカスの歴史」という本を読む


どうやら
流れのサーカス団に感動した王家が
大きなテントを国に作って
それに応える形でお抱えサーカス団になったらしい


今もサーカスはやっていて
シルビアという男が話題のようだ


レースだサーカスだと浮かれているが
数十年前は世界各地で魔物による悲劇が溢れていたらしい


今は勢力は弱くなったということなのだろうか?

銀色のスライム。

サマディー地方で手強い魔物の洗礼


キメラは鳥のような爬虫類のような姿
魔物のくせにゾーンに入ってきて
しかも火の息を吐いてきて
しかも3匹とかいっぺんに出てきて
もう大変!


すっごいHPが減らされててんてこ舞いだった


他にもブラウニー
ぬすっとウサギ
スカルライダー
かれくさネズミ
などなど
個性豊かな魔物たちが
徒党を組んで襲ってくる


おそるべしサマディー地方


景色も砂とサボテンばかりで
色がなくて目につらい


暑いししんどい


それでも進んでいたら
ぬすっとウサギとメタルスライムが同時に出現!


これがうわさのメタルスライム
すっごいらしい


逃げられちゃうかなと心配しつつ攻撃したら
カミュがここぞのタイミングで会心のいちげきを食らわせてくれた


2000を超える経験値が入って
レベルアップ!


いつの間にか
ぼくとカミュはレベル17
ベロニカとセーニャもレベル15まで上がっていた


砂漠の中苦労して戦い抜いた甲斐はあったかもしれない


だいぶ強くなれた

手作りはねぼうし。

サマディー王国の王子様はステキな方らしい
といううわさ話を聞いて
いざ出発


パーティが4人になったので
魔物との戦いもスムースに進む


なにしろベロニカの呪文が強い
MPを消費して放つだけあって
それに見合った威力がある


一方セーニャは回復や補助が得意で
以前より長い間戦い続けてても
平気になったのがありがたい


MPがなくなったら
覚えたルーラでキャンプに戻って
一晩ぐっすり休めば回復だ


キャンプでははねぼうしをふたつ作って
ベロニカとセーニャにあげた


手作りだからって特別な意味はないんです


寄り道して
もう一度荒野の地下迷宮にもぐる


魔物を倒しながら
宝箱とか取り残したのなかったかなあと探す


一番奥まで行って
牢屋の中に宝箱を発見して
やった!
って思ったけど
鍵がかかっていて取れなかった


うーん残念


外に出て今度こそサマディー王国へ


関所で通行手形を見せて通らせてもらう


関所を抜けると
驚きの光景


暑さで陽炎ができていた


これが砂の国
サマディー地方か

ルーラ!ルーラ!

ひとりぼっちだったルコちゃん


お父さんのルパスと出会えて良かったね


そのルパスさんだけど
生まれながらの不運を逆手に取って情報を集める
ネタのほうから寄ってくる天才情報屋ルパス


と呼ばれているらしい


有能なのか不運なのか
なかなか難解だ


空の上の命の大樹への生き方を知らないかと尋ねたら
それは分からないけれど
サマディー王国のお城の中に
七色にかがやく命の大樹の枝があるという情報を教えてくれた


助けたお礼だから無料だ!


枝があるという事は
誰かが大樹から持ってきたという事で
行く方法につながるかもしれない


次の目的地はサマディー王国だ


そして正式に
ベロニカとセーニャが仲間に加わった!


ついでに関所を通るための通行手形ももらった!
これで通れる


ベロニカとセーニャに皮のドレスを買ってあげて
装備を整えて
いよいよ次の町へ


と外に出ようとしたとき
ベロニカにルーラの呪文を教わった


今まで行った場所にワープできるすごい呪文だ


こんなにお手軽にこんな便利な呪文を教えてもらって
良いのだろうかと思ってしまう


さらっと覚えるぼくがすごいのか
それともベロニカの教え方が天才的に巧みなのか


残念ながら
どちらかと言えば
魔物にさえ逸材と呼ばれるベロニカが
凄かったという可能性の方が高そうだ

守る使命守られる宿命。

真剣な面持ちでぼくに語りかける
ベロニカとセーニャ


「命の大樹に 選ばれし勇者よ。
こうして あなたと お会いできる日を
お待ちしておりました。


私たちは 勇者を守る宿命を負って生まれた
聖地ラムダの一族。
これからは 命に代えても
あなたを お守りいたします」


ぼくのひとみの奥にあたたかな光を見た?


ベロニカは最初から気づいていたらしい


まだよくわからないことも多いけれど
なんだか身が引き締まる思いだ


とりあえず
ルコのパパを助けなきゃ


奥の牢屋でルコの父親ルパスを助けた


有名な人なのかな?


やるべきことを終えたので
すたこら里に帰った


改めて勇者の使命について聞かされた


「大いなる闇……邪悪の神が 天より現れしとき
光の紋章を授かりし 大樹の申し子が降臨す……」
というのが神話の一節らしい


なんだかんだ
空に浮かぶ命の大樹に行ってみるしかないみたい


空に浮かぶ場所になんてどうやって行けばいいのか


うーんと悩んでいると
ルパスは情報屋だったと
カミュが思い出した


せっかく助けたし
なんかいいこと知っているかもしれないから
会いに行ってみよう
プロフィール

ちさち

Author:ちさち
TWガナポリーサーバーで活動しているイスピンのブログ跡地です。
ゲーム内ではカンストしてたぶんそこらへんでぼーっとしてます。

現在はマンガとアニメとゲームの話で更新中。
好きなものについて書いていくつもりです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード